生身の身体による自身を超越した瞬間をどういった切り口で見せるか

先週末のパフォーマンス Forever Dancing 終演から数日が経って、あそこはこうすればよかったのかとふっとKAIZENがよぎります。終わったのにいまだ無心が興奮しているのは、粗削りながらなかなか良かった証。

出演者の皆さま、スタッフの皆さま、そしてご来場の皆さま、まことにありがとうございました。機をみつけて、またいつかどこかで再演したいと思ってます。

GRINDER-MANらしい、らしくないと、酸い甘いのご意見を多数いただいています。僕の「いま」を実直に出したので、それ以上でも以下でもない、ってのが素直な胸の内。現実としてあるのは、例えば去年の今頃は、これを形にすることは不可能だったということ。出演者やスタッフのネットワーク、クライアントからの信望、予算、日程などいろいろと積み上がってきての「いま」がある。

僕のやりたいことは、人間賛歌の体現です。生身の身体による自身を超越した瞬間を表に出したくて、それをどういった切り口で見せるか、ということをひたすら考えてる。僕らは十人十色で、讃歌も百人百様、そして僕も年老いていくのだから、生まれてくるものが類をなさないのは公理。そう割りきってます。有象未曾有それぞれが説得力を持って結果を残すことが、僕の腕の見せ所だと思ってます。

大衆文化への畏怖、なぜポップがカルチャーになりうるのか。そこに敬いをもって挑んだのが今回の僕の主旨でした。アートに身をやつした反目としてポップカルチャーに軽口をたたく人々がいるけど、僕にはとっても違和感がある。山にこもって鳥や猪相手に大局を語ったとしても何も成さない。山を降りて糞を踏め、僕はそれを選んだのだ。