「QRマン」とは一切関係ありません

先日の「あいちトリエンナーレ2010 PRパフォーマンス隊」とは一切関係ありませんでビットホットな最近なのですが、昨日富山からお帰りの方より、羽田空港にて貴重な情報を頂戴しました。
「タグチー、富山でもハコかぶってPRしていたよ。名前はQRマンとかだったような」

早速ウェブの海で調べてみると、見つけてしまいました、QRマン。ということで「関係ありません」シリーズパート2。
もう、こうなったらやけくそだ(c)篠原有司男。

qr_1

cimg8015

富山芸術環状線「ART GO ROUND」というアートフェスにて行われたPRの一環のよう、またアートでPRか!
どうやら頭部のハコに印刷されたQRコードを読み取っての、バズ狙いのサービスが展開されたようです。

qr_2

小さい写真しか見つけられず、よく観ると直方体のような。
先日のあいちトリエンナーレ2010 PRパフォーマンス隊との共通項をあげてみると、
・ハコをかぶる
・ハコに装飾有り
・同じ姿、格好で、大人数
というのが、アートフェスでのPRの特徴のようですね。

なんて客観的に、冷静を装って書いていますが、今の心境はこんな感じ。

自分の匂いは、いつも身近にあるから判らない。もし自分の匂いを嗅ぎたければ、オヘソのゴマを嗅げ。ヘソのゴマには今の自分の匂いが凝縮されているのだ。

こちらもおすすめ

タグチヒトシ
演出家。パフォーマンスグループ GRINDER-MAN主宰。最新情報はFacebookにて。