MUSTANG ’09 ~ チラシ配布はじまります

今週末よりチラシの配布がはじまります。

制作したのは、実に3種類。8月の公演にむけたワークショプ募集の周知が目的ですが、8月の公演や関連イベントの告知を含んでいるのと、久しぶりの東京公演ということもあり、活動を重ねるにつれ変化してきているグラインダーマンの方向性を示す心意気を込めました。

こちらは初の試みとなるショップ用カード。実家の何処かに眠るYMOの増殖が聞きたくなりました。そうそう、フローリアンがクラフトワークを脱退したとか。

今回これら一式を制作するにあたり、目指したテーマは「持ち帰りたくなる存在感」。僕はパフォーマンス公演の発表のみならず、このようなチラシ等も作品の一部だと考えています。パフォーマンス公演はその場に行かないと見ることが出来ませんが、マスプロダクツは自立してその意思を伝えていく。

これまでは僕が実質的なデザインを行っていたのですが、今回はデザイナーさんの力をお借りして僕はプロデュースに徹しました。グラインダーマンの“今”を伝えるポートレートとしてフィルム(デジタルじゃなく!)で撮影、印画紙に焼いています。撮影場所はユニクロさんにご協力いただきました。

今週末から来週にかけて、都内約20箇所の劇場・ホールにて置きチラシがはじまります。3種類+ショップ用カードのコンプリートもいいですね。所有欲を満たすには十分なクオリティです!
ちなみに、3種類あるチラシの内2種類は制作枚数が少ないことをお伝えしておきます。

こちらもおすすめ

タグチヒトシ
演出家。パフォーマンスグループ GRINDER-MAN主宰。最新情報はFacebookにて。