今年最後に今年初物、射的に行きました

先日、射的にいきました。上野駅から徒歩数分の好立地に、ぽつりと現れたまったくの異次元。こんな街中の射的場は、初めて見た。実はやるのも初めて。

その名も「射的場」。
不可解なものには、機をてらわず判りやすくしたほうが良い。名前が「スイート☆ショット」(オリジナル)とか「一発千金」(ありそうなオリジナル)だったら、絶対に行かなかった。ストレートに伝えようとする姿勢、そのまんま加減は大事だとあらためて気づく。

ここの価値は、コルクがすべて。原価ひとつ5円もしないであろうコルクの弾が、ここでは10発500円。ポンポンと撃った収穫は「10円ガム」「プリッツ」「うまい棒」「10円ラムネ」「トーマスポッキー」、合計200円弱。お金に換算すれば損だけど、オヤジさんとの楽しい会話で十二分に満足できました。

オヤジさん曰く、将来的には店舗展開したい、とのこと。ここ上野は東京の玄関口。人の出入が激しい故の、奔放な空気ただよう台東区だからゆるされる「出ちゃった、出しちゃった」感。オシャレな西側(渋谷・目黒・三茶)にも、上野魂で切り込んでいって欲しい。

※2009年2月頃に閉店したようです。

こちらもおすすめ

タグチヒトシ
演出家。パフォーマンスグループ GRINDER-MAN主宰。最新情報はFacebookにて。