MUSTANG Singapore ~ ワークショップを終えて

大きなトラブルもなく、5月24日~25日の2日間のワークショップは終了いたしました。パフォーマンスへ向けた一歩としては、なかなか良い雰囲気だったと思います。

ですが、やはりというか、言葉という壁にところどころ阻まれました。

心技体でいえば、どうしても参加者は「技」や「体」の知を求めます。ただ、僕はパフォーマンスを作る際にまず「心」ありき、と考えています。強いて言えば、「心」があれば「体」はついてくる。「技」については、個人が獲得するものであり、今回のMUSTANGのような限られた時間内で作るパフォーマンスには向いていない。言うなれば、各人の「技」レベルはワークショップの場に来た時点である程度は決まっている。

だから、ワークショップ中には積極的に「心」を伝える言葉を使います。

たとえば、練習中に笑いが洩れてしまう人がいる。おおよそ、自分が経験したことのないことを、自分がやってしまっている照れ隠しなのでしょう。そうゆうとき、「自分に集中して!」とすぐかぶせます。すぐ、その間(マ)が大事。ですが、現実的には僕→通訳さん、というように、テンポが遅れるんですね。そうすると、みんな聞こうとするからなのか、場の空気が止まります。

後半は、通訳さんに英語を教えてもらいつつ、僕が英語で伝えるようにしました。「広がって!」=「Spred Out!」とか。来月までに、いくつか用意して挑むつもりです。

あぁ、いい顔インターナショナル。

★おまけ★

帰国直後の成田にて、スーツケースを回収するラウンジで。なんだかスーツケースがお漏らし・・・
空けてみるとお土産のビールが爆発していました。僕はビールが大好きです。

こちらもおすすめ

タグチヒトシ
演出家。パフォーマンスグループ GRINDER-MAN主宰。最新情報はFacebookにて。