MUSTANG Singapore ~ ワークショップ初日

5月24日土曜日、今日はワークショップ初日。

ワークショップの前に、テクニカルスタッフと打ち合わせです。前日の会場視察で考えたプランを説明します。通訳がいないので、拙いマイ英語で奮闘。詳細はともかく、こちらの本気度が伝わればいいんです。ステージに必要な、舞台、照明、音響、そして出演者の4大要素をつぶしていきます。

元気だったか、兄弟。外箱に特に目立った外傷もみられず、中身は大丈夫そう。

午後から4時間のワークショップが始まりました。一見日本と違わない風景のようですが、よーくみると肌の色はマチマチ。ここはシンガポールだぜ!

とはいえ、ゴーヘッドをかぶるとグラインダーマン。ちなみに、通訳さんを通して「ブラックボックス」と呼ばれていました。

初日の目標は「取り合い」。パフォーマンスは世界共通です。

こちらもおすすめ

タグチヒトシ
演出家。パフォーマンスグループ GRINDER-MAN主宰。最新情報はFacebookにて。