MUSTANG Singapore ~ ワークショップ前夜

成田空港で話題の総2階建て旅客機は、シンガポール航空A380。シンガポールに行くのだから、この機にA380に乗ってやろうと企んでいたわけです。実機をみると、なんだかビッグフットを思い出す。あ、ダグラムのほうね。

ですが、お目当てのA380は満席でチケットとれず、心ならずも全日空。
搭乗カウンターがおもむろに騒がしくなったかと思うと、1100発が1300発に変更サイン点灯。コクピットの部品交換ということですが、「心ならずも」の因果応報か。

寝ちゃえばどちらも一緒。ガラガラな全日空便は、A380効果か。これは因果応報とは言わない。

シンガポールのチャンギ空港に2時間遅れで到着。8年ぶりのシンガポールは、とっても眠かった。

お出迎えの現地スタッフと挨拶。ここからは英語脳。
本来であれば、ホテルで消灯としたい体力レベルなのですが、ここから一仕事。
明日の打ち合わせに向けて、パフォーマンス現地に向かいます。

会場となる、Esplanade横の野外。カップルは、平和の象徴だ。

実際の場所でプランニング。それにしても暑い。気温36度だってばよ。

会場近くに告知の看板を発見、うれしいですね。
おっと、ハイフン「-」ないよ。

こちらもおすすめ

タグチヒトシ
演出家。パフォーマンスグループ GRINDER-MAN主宰。最新情報はFacebookにて。